あなたの街の葬儀屋さんjcc21.com
ホーム > 葬儀の種類 > 無宗教葬

普通葬  骨 葬  密葬・本葬  荼毘葬  無宗教葬  複合葬

 無宗教葬  [その他]

 
    無宗教葬という葬儀はありません。日本人固有の死生観や霊魂観がありその儀礼的表現として『葬』があるので無宗教(無信仰)ということは成り立ちません。
無宗教葬の意味は仏教や神道など、特定の宗教の宗教者がいない宗教色を排除した葬儀のことであると思われます。
似た言葉で無宗教式・無宗教方式がありますが、これは葬儀ではない告別式だけを宗教色を排除して執り行う場合に使われます。また、告別式とは言わずお別れ会・偲ぶ会などといわれております。
お寺(菩提寺)を持っている人は、お寺の住職の許可がない限り無宗教葬で行なうのは問題があります。

[目的別呼称例]
@ 自由葬/音楽葬
規模の大小に係わらず葬儀の形式を特定の宗教宗派で行わず、祭壇や式次第が自由な形式の葬儀を言い、音楽葬は音楽を中心に自由に執り行われる場合をいいます。しかし、いずれも自由葬のためどのように執り行うか、運用面で非常に難しい点もあります。

A 家族葬 従来のお通夜と葬儀・告別式の2日間を自由な形式で執り行います。
宗教色を排除しかつ少人数の会葬者で行うため、自由葬同様に進行形式・運営で非常に難しい面もあります。

B 直 葬
(宗教者招かず)
直葬とは『直接火葬』の略語ですが、通常の葬儀分類の中には入りにくい遺体処理(火葬)中心の形式です。しかし、いくら直葬と言っても法律で死亡してから24時間は火葬できませんので何処かに遺体を安置する必要があります。自宅での安置が困難な場合は火葬場の霊安室か、遺体搬送の霊柩運送会社(東礼自動車鰍ネど)の霊安室または、葬儀社の保冷庫(持っている業者は少ない)等に一時預ける事になります。
お寺(菩提寺)がある場合は、お寺の住職と相談してからでないと問題があります。



HOMEお問い合わせこのサイトについて

Copyright (C) 2015 心の21世紀. All Rights Reserved.