あなたの街の葬儀屋さんjcc21.com
ホーム > 葬儀の種類 > 普通葬

普通葬  骨 葬  密葬・本葬  荼毘葬  無宗教葬  複合葬

 普通葬  [仏 式]

 
  従来から行われてきた遺体で執り行う普通の葬儀で、葬儀の後に火葬します。
最近は、お通夜が従来とは違って、翌日の葬儀に参列できない一般の人々が参列して、夜間告別式あるいは代用告別式の様相を呈しています。
しかも、殆どのお通夜で僧侶の読経が終わる前に、斎場の片側半分の参列者が全員いなくなる(通夜ぶるまいの席に案内される為)という事態になっております。

[目的別呼称例]
@ 一般葬 普通葬の形態で執り行われる従来の一般的葬儀で、小規模な10人以下の葬儀から大規模な300人を超える葬儀まで様々あります。
最近は高齢化が進み、核家族の影響があるためか、故人が長生きだった場合、肉親がほとんど死に絶えてしまい、参列の案内をすべき対象者がいないと言うことも起きております。

A 家族葬 葬儀社の商品イメージ先行の呼称で、定義ははっきりしていません。
家族中心でこじんまりとした葬儀にしたいとか、家族・近親者以外は知らせず静かな葬儀をしたいなど色 々です。
仏式で行なうため一般葬とは参列者の規模が違うくらいで形式は余り変わりませんが、同じ家族葬でも葬儀形態が無宗教葬の家族葬とは大きく違います。
100席の大きな斎場で荘厳な祭壇を飾りその前で、菩提寺の僧侶を7・8人で囲むようにして行なっ たり、また自宅に立派な祭壇を飾り僧侶以下4人で執り行った例もあります。

B 市民葬儀 市民葬儀(区民葬儀)とは、各、市や区でそれぞれ独自に葬祭費用の負担軽減等を目的に、地元の指定葬儀業者との間で祭壇のほか一部のものを、協定した料金で執り行ってもらえると言う葬儀です。
東京23区を中心にその周りの市や区が提供しているだけで、地方では殆んどありません。
但し、首都圏でも市民葬儀又は区民葬儀として提供している自治体もあれば、していない自治体もあり、提供されるサービスの内容は各自治体ごとに違うので注意が必要です。



HOMEお問い合わせサイトについて

Copyright (C) 2015 心の21世紀. All Rights Reserved. .