あなたの街の葬儀屋さんjcc21.com
ホーム > 葬儀の種類 > 複合葬

普通葬  骨 葬  密葬・本葬  荼毘葬  無宗教葬  複合葬

 複合葬  [その他]

  従来からの葬儀形態や最近の新しい形式など、二つ以上を組み合わせた葬儀形態です。
複合葬では、組み合わせのパターンは色々とあり、また宗教者がいる場合もいない場合もあって、規模は小規模葬から大規模葬まであります。
都市部においては法事の行えるホテルが多いことから、個人葬においても直葬を済ませその後ゆったりとしたスケジュールで偲ぶ会等を行い、豪華な料理でもてなすなど新しい企画も増えてきています。
現在、都市部においてお寺(菩提寺)がなく、病院で死亡後自宅に安置が困難で、核家族や高齢化した地方の親戚など多くの問題を抱えた葬儀施行予定者に対し、死者の尊厳を守り心安らぐお葬式を提案する為に、複合葬が果たす役割は大きいかも知れません。

[目的別呼称例]
@ 密葬とお別れ会(偲ぶ会) 会葬者が多く大規模になる場合、本葬の代わりに無宗教で執り行われます。
お別れの会・偲ぶ会・追悼の会など呼び方は色々ですが、大型ホテルなど使用できるメリットがあります。会葬者が多くない場合でもお通夜を夜間告別式にしたくない場合などに適しています。

A 直葬と偲ぶ会(お別れ会) 都市部でお寺(菩提寺)がない場合など直葬をしておき、後日あらためて偲ぶ会・お別れの会を執り行います。また『家族葬』の後、日にちを置いて知人・関係者を招き、偲ぶ会・お別れの会を開くことも行われます。

B 一日葬 まだ確定した葬儀形態とは言えず各葬儀社ごとに少し違いがあります。
家族だけのお通夜で過ごし翌日、近親者も含め葬儀・火葬を済ませます。核となる部分は、現在夜間告別式とも言われるお通夜での会葬者を、葬儀の当日の夕方に告別式として案内し、その後骨葬の会食に似た食事をお別れ会や偲ぶ会として振舞うという形式です。但し、密葬形式で行うと一日葬とは言えなくなってしまう恐れがあります。



HOMEお問い合わせサイトについて

Copyright (C) 2015 心の21世紀. All Rights Reserved.